Day: March 11, 2017

親に結婚を急がされるのに疲れる、どうすればいいの?
I am here

親に結婚を急がされるのに疲れる、どうすればいいの?

家族というのは、どんなことがあっても、切っても切れない関係にありますよね。それほどまでに、血のつながりというものは、濃く揺るぎないものなのです。幼いころから「お母さんに似てるね」とか、「お父さんにそっくりだね」なんて言われて育ってきた人は、これを読んでいる人の中にも、たくさんいるのではないでしょうか。自分で意識するよりも早く、自然と両親を認識していきますよね。大人になるにつれて、両親とは付かず離れずの良い距離ができ始めます。ひとり暮らしを始めれば、なおさらです。社会人になって、自分で稼ぐようになって、経済的にも自立できた瞬間に、やっと一人前の大人になれた気がするでしょう。そんな折、増えて来るのが、両親からのストレートな結婚の催促です。特に女性の場合、年齢とともに親の不安も募るのか、心からわずらわしく感じてしまうほど、結婚に関する話題が増えていってしまいます。「○歳なのに、まだ結婚しないの?」とか、「早く孫の顔が見たいな」なんて、こちらの気持ちは少しも考えずに、平気でデリカシーのない言葉を言ってくるわけです。だからと言って、そんな簡単に結婚なんてできないですよね。自分の大切な未来を決めることですし、「両親のために」という理由だけで、結婚を決断できてしまう人は、とても危険だと思います。その上、結婚したいと思う相手も現状いないのに、両親から結婚の催促をされても正直返答に困ってしまいますよね。そんな時は、自分の考えを思い切って、両親に話してみるのが一番だと思います。「今は仕事が楽しいから」とか、「今はやりたいことがあるから」とか、理由はきっと何でもいいんだと思います。きっと両親はあなたがどう考えているのか、あなたの思っていることを聞きたいだけなのです。その中に、「いつかは結婚したい」と思っていることを交ぜて伝えてあげれば、両親は納得してくれるのではないでしょうか。もちろん結婚をして、長い間子育てを経験してきた両親だからこそ、自分の愛するわが子にも、幸せな家庭を築いてほしいと願っていることはとても良く分かります。だからと言って、あなたがすべてを両親の言いなりになる必要はないのです。結婚するのはあなた自身で、両親がこれから先の幸せを保証してくれるわけではありませんから。自然と「結婚したい」という気持ちが強くなった時に、婚活のタイミングを自分自身で見極めて、「この人だ」と思える人をしっかり捕まえて、胸を張って両親に紹介してほしいと思います。

Read More
お金はないけど結婚はしたい!相手に収入を期待するのは悪いこと?
I am here

お金はないけど結婚はしたい!相手に収入を期待するのは悪いこと?

当たり前のことですが、生きていく上で必要になるのがお金です。何をするのにもお金がないと、困ったことになりますよね。 例えば、生活していくだけでも、家賃や光熱費、水道代やさまざまな諸費用が必要になります。それにプラスして、結婚するための資金も貯めていかねばならないとなると、なかなか負担は大きくなるでしょう。 日本の経済は順調とは言えませんし、大卒で入社してもそこまで給料をもらえないことが多いと思います。あれも欲しい、これも欲しいと思っているうちに、貯金なんてできなくなってしまうわけです。 しかし、現実問題として、結婚をすることに対して、お金は絶対に必要になります。しかも、結婚したら仕事を辞めて家庭に入りたいと、考えているのであれば、相手にはあなたを養っていけるだけの収入が必要になりますよね。もうその時点で、結婚はとても狭き門だと言えるでしょう。 ある程度安定した収入を持つ男性、いわゆるお金持ちの方は、そもそも結婚を焦ったりはしませんし、自分から何か行動を起こさなくても、自然と女性の方から寄ってくるので、選り取り見取りなわけです。だからこそ、倍率はとてつもなく高くなってくるでしょう。 結婚に対して、同じような考え方をする独身女性はたくさんいるわけですから。倍率だけならまだしも、そういう男性に限って相手に求める理想が高く、年齢や中身プラス見た目を、気にしてくると思います。 もし本気で、結婚したら仕事を辞めて専業主婦になりたい、と考えているのであれば、一刻も早く婚活を始めていきましょう。条件の良い男性は、言わずもがなどんな人でもモテます。そもそも恋愛や結婚をする相手に困らないのです。気づけばあなたの周りに残っているのは、何かしら問題を抱えている人だけになってしまいますよ。 どんな相手とであれ、結婚してふたりで生活を始めたとして、かかるお金は必然的に今までの倍になってきます。子どもを作りたいなら、必要になるお金はもっと多くなるでしょう。そういった先のことまで見据えたうえで、相手だけの収入に頼りきるのは危ないと思いますよ。だからこそ「共働き」という言葉が、年々定着してきているのでしょう。 少女漫画のように結婚に期待をして、夢見るのは決して悪いことではありません。しかし、期待しているだけでは、理想の相手を捕まえることはできないのです。 あなた自身も、今のうちから少しずつでもいいので、結婚資金を貯めていき、具体的に行動に移していかないと、いつまでたっても幸せを手に入れることは叶わないでしょう。

Read More