30歳に近づくにつれて、焦る気持ちが強くなるのはどうして?

30歳に近づくにつれて、焦る気持ちが強くなるのはどうして?
I am here

30歳に近づくにつれて、焦る気持ちが強くなるのはどうして?

年齢を重ねていく中で、人はみんな自然にいろんなことの適齢期を意識するようになりますよね。
それは仕事に関することであったり、恋愛に関することであったり、いろんなことで言えると思います。
もちろん、物事にはそれぞれ必ず適齢期が存在します。こと、恋愛に関して言えば、思春期から始まり、異性を恋愛対象として意識し始め、大人になってもそういった幸せな感情は続いていくと思います。
何歳までに恋愛しなくちゃいけない、という縛りやルールもなく、人を好きになるということは、いつまでも自由な感情です。だからこそ、自然と人は人を好きになれるものなのでしょうね。

しかし、結婚となると、話は全く変わってきます。
よく「恋愛と結婚は別物」という話を耳にしますが、本当にその通りでしょう。好きという気持ちだけでうまくいくのが恋愛であり、好きという気持ちだけではうまくいかないのが結婚であるということを、まずは理解しておきましょう。

では、巷でよく噂される結婚適齢期とは、一体いくつごろを指すのでしょうか。もちろん諸説ありますが、出産を念頭に置いて考えるのであれば、20代から30代前半までが適齢期とされています。子どもを妊娠し、出産するのには、まず健康な体と、体力が必須条件になります。一般的に、年齢を重ねていけばいくほど、健康を維持するのは段々と難しくなり、体力も徐々に衰えてしまいます。だからこそ、自分の年齢が30歳に近づけば近づくほど、自然と結婚に対して焦る気持ちが生まれてきてしまうわけです。

「早く結婚して、早く子供を産まなきゃ」という、強い焦燥感や義務感に駆られてしまうのです。周りは次々に結婚・出産を経験していくのに、どうして自分はいつまでもひとりのままなんだろう、と夜も眠れないほど悩んでしまうこともあるでしょう。人と比べる必要なんてない、自分は自分だ、と頭では分かっていても、他人を気にしてしまうのが、人間というものです。

年齢を重ねていくごとに、結婚に対する不安は増していくばかりで、一向に変わらない現実に嫌気がさしてしまうこともありますよね。
もちろん、年齢に限ったことではなく、いろんなことを考えて焦る気持ちはよく分かります。
しかし、焦ったところで、良い結果に結び付くかどうかは、詰まるところあなた次第なのです。どうせ焦っても変わらないのであれば、せめて自分だけは自分のことを認めてあげて、マイペースに相手を探してみてはいかがでしょうか。焦る気持ちは一旦置いといて、きっとあなただけの、たったひとりの運命の相手と出会えるその日まで、諦めずに婚活に励んでいきましょう。

Category : 焦りとプレッシャー

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *