容姿年齢不問の婚活にふさわしい条件とは
I am here

容姿年齢不問の婚活にふさわしい条件とは

冗談じゃない!婚活が恋活になって遊ばれたくない!どうすればプロポーズされる? 恋活(恋愛目的)から婚活になる過程は年齢的なものが一番の理由になるかと思います。 年齢的に20代の適齢期なら的を絞った婚活パーティーなどでフィーリングがマッチしたお相手を見つけることも可能性が高いのですが。 最初から婚活狙いだと男性側にただ遊ばれたりだけとか、リスクもけっこうあったりします。 女性の婚活事情としてはこの年齢的な問題が意外に重要で焦ったりものすごく疲れてしまったりします。 婚期が遅れてしまった理由は人によって様々ですがたとえば20~30代は仕事一筋で恋愛をするひまがなかったとか、あるいは…不倫していたとか、遠距離恋愛だったとか。 不倫も遠距離も結婚とは程遠かったわけではないと思います。 不倫から、遠距離からサクッと結婚までわりと最短できめている人も多くいます。 恋愛だけで男性に遊ばれない婚活は相手に結婚を強く意識させることだと思います。 婚活を意識していたわけではありません。 趣味で料理教室に通ったり毎日の食生活の話だけで年齢に関係なく遠距離であってもしつこくプロポーズをされました。 ピンポイントの婚活条件で玉の輿まで狙える! 婚活関係なく自分のライフスタイルが相手にとって魅力的に映ることは多々あります。 いつの時代も男性がすぐに現金を用意するのは「食事とセックス」だけなのです。 なぜかというとこれは一生続く生理的欲求だから男が結婚相手に求めるものは恋愛感情だけではないことも多いのでは。 歳をとれば美しさや若さは自然と失われていきます。 たとえば自分より容姿がどう見てもおなじ女として「なぜこの人がリッチで幸せな結婚をしてるのに?」と思う女性に会ったことは? 玉の輿さえ狙えるのはじつはこの本当に相手が欲しがっているものを上手く提示することです。 相手のしたい話ができる、上手な聞き役になれる、料理がうまいというところにピンポイントで攻めた婚活なら容姿年齢関係なく某女詐欺師の如く玉の輿婚まで狙える可能性は充分に高いのではないでしょうか。

Read More
婚活事情最前線~不倫からの略奪婚事情
I am here

婚活事情最前線~不倫からの略奪婚事情

最近不倫の関係からようするに略奪愛というか、結婚をするケースが目につきました。 下世話な話、身のまわりの人でそういう略奪婚っていうのでしょうか、意外によく聞く話でしたがこれが有名人だとちょっと驚きました。 社会的に知名度のある女性がすでに所帯持ちの男性と恋に落ちて相手の奥様からご主人を奪ってしまう結婚はもしかして運命で真実の愛のような錯覚もしてしまいます。 驚いたのは私が好きな女性作家でとてもそんな不倫や略奪婚をするようなタイプには見えなかったからなんです。 影響が強いというか、倫理観が揺らいでしまうような。 愛とお金がないと人は生きていけない 婚活の目的は生涯ひとりでいたくない、経済的にも安定したいというところですが人はお金と愛が無くては生きていけないことが理由です。 もちろんお互いが独り身でフィーリングのあう婚活で出会えたらそれはとても幸運なことだと思います。 でも本当のところそんな幸運な出会いのほうがもしかしたら少ないのかもしれません。 現実問題ある程度の妥協は絶対必要になってくるしはずせない条件のハードルもさげなくてはいけないことも多いでしょう。 “すでに他人のものであるものに強い魅力を感じてしまうことは?” 決して不倫関係や略奪婚をすすめているわけではありません。 はっきり言ってめんどくさいことは嫌いなほうです。(モメると裁判にもなるだろうし) だからといって割り切った大人の関係がいいかというとこれがぜったい嫌なんです。 お金だけでは満たされない! 前にすごくモテる男性限定で不倫について本音を聞いてみたらほとんどの男は離婚なんてめんどくさいことはしたくないとのことでした。 いくら夫婦仲が冷えきっていたとしても。 どんな相性のいい女でも不倫のまま良い関係を続けていきたいというのが男性の本音です。 それでも相手(男)に重い腰をあげさせるとしたらそれはいったいなんなんでしょう? 妻とは別れて君と一緒になるよ、と言わせ決心させるなにか。 これは売れっ子作家で経済的に成功していなくてもじつは実現することではないかと思うんです。

Read More
最高峰のドクター狙いの婚活のチャンスは?
I am here

最高峰のドクター狙いの婚活のチャンスは?

まるで婚活パーティーになってしまったおしゃれなワイン会の素敵な夜 婚活はイベント会社が主催するねるとんパーティーばかりではありません。 女性ばかりのパーティーの会なるものに登録したのですが定期的に開かれるおしゃれなワイン会やチャリティーパーティーで主旨はいつもがんばる女性がたまにはドレスアップしておでかけするという会なんです。 本当に女性ばかりなのかなぁ~ぐらいの気持ちで別にそれでも全然構わなかったのですがいつも期待を裏切らないまるで上流婚活パーティーの夜になるんです。 それほどワインやお酒が好きなわけではありませんが軽い気持ちでドレスアップして参加しました。 会場はいつも会員制レストランや高級レストラン、一流ホテルで。 ひとり参加でも全然平気な雰囲気ですがテーブルはどんな人と相席になるかは全くわかりません。 ある時開かれたワイン会はまわりは全員お医者様(独身男性多数!)の席でした。 料理とワインの話で盛り上がってお名刺をたくさんいただいて、思いがけない婚活ムードのパーティーになりました。 「えっクスクスってモロッコ料理なのでは?お料理教室の先生がそう言ってたわ」 なんて言うと 「そうだ、確かにクスクスはモロッコだ」 とか知的な会話でぐいぐい惹きつけて。 私としてはたまに着飾ってドレスアップしておでかけしたいだけだったのですが。 これは穴場的婚活パーティーと言えるのではないでしょうか。 年齢が近い、大人ムードの独身のお医者達は脳外科医、産婦人科医など目移りしてしまうようなラインナップ。 しかもけっこうイケメン揃いでした。 私は婚活なんて興味ないんです!的な。 「あなたはなんのお医者様ですか?」冗談のような質問ですが席に着いたらさっそく話しかけられました。 もちろん私は医師ではありませんがそういうとなんかそのほうが魅力的に映ったようです。 同業者ではない異業種の女性にお医者様達は興味津々なのです。 「女性ばかりの会のはずなのに男性ばかりでびっくりです。」 そう言ってお医者様達の話をいろいろ聞く私。 婚活と言ってもいきなり高嶺の花を狙うのは気がひけることは? イベント会社の婚活パーティーだと目的が完全に婚活なのでリスクも競争率も高くなりますがこんな主旨のパーティーなら参加してもちょっと余裕かもしれません。

Read More
ファーストレディをめざして婚活! セレブリティな人生に!
I am here

ファーストレディをめざして婚活! セレブリティな人生に!

“婚活でセレブリティな世界観” 短期間の人が集まる容姿年齢不問、だけど熱い方求むの仕事は婚活に狙い目です。 婚活はターゲットを決めて挑んでみるのも効率的です。 たとえば社会的ステータスがあって高収入の相手と結婚したいなら? これは言おうかどうしようか迷いましたがこんな穴場的婚活も現実にあります。 それは…政界の権力者が集まる選挙事務所での選挙期間中のアルバイトです。 私もこの選挙事務所でのアルバイトで出会いがありました。 政治家と結婚した人も多数います。 政治家だけではありません、選挙事務所に集まる関係者すべてが婚活に狙い目なのです。 高収入で高学歴、社会的ステータスを望むなら注目です。 これはできたら、の話ですができれば応援する議員さんも当選確実の名実ともに実力者が好ましいでしょう。 たとえば自〇党の有権者ならそこに集まる人脈も政治資金も最高です。 そう、特に自〇党の選挙事務所には政界絡みの大金が政治献金がうねっているんです! どんな人達が多いかというとおもにその議員さんが当選して大臣になったあかつきには国の仕事をまわしてほしがる大手建築会社や不動産会社など、後は国営のOBだったりします。 これは婚活には最高の人脈に恵まれた環境と言えます。 “婚活でファーストレディをめざして自分磨き” https://pin.it/bqf5esixgucczv 将来、「~議員夫人」と呼ばれる名誉も、もしかしたら旦那様は大臣になったりするかもしれません! 権力志向のむんむんした熱い男に魅力を感じることは? 私は政治にはまったく興味がありませんが穴場的婚活としては政界の選挙事務所はとても興味深いと思います。 選挙期間中に政界と関わることで意外な富裕層や特権階級と知り合うことも! 社会的ステータスも高収入の結婚相手も手にいれることが現実的に感じられるます。 なんかドナルドトランプや歴代の総理夫人達のイメージがわいてきてワクワクしてきませんか? 将来内助の功を発揮して社会的チャリティー活動をしたり後援会を取り仕切ったりセレブリティな人生になる可能性大です。 婚活のシェア(市場)はこんなにも様々だと思いませんか?

Read More
親孝行のために結婚したい
I am here

親孝行のために結婚したい

いざ婚活を始めようと決意し、行動に移すには、人それぞれさまざまな理由があることでしょう。その中には、「育ててくれた両親に恩返しするために結婚したい」と考え、一念発起した人もたくさんいるのではないでしょうか。私の周りにも、「親孝行したい」という気持ちから婚活を始めた女性がいました。 しかし、その考え方、実はとっても危ないんですよ。 結婚は、そんなに甘いものじゃありません。今まで他人だった人同士が、結婚を境にひとつ屋根の下で、家族になるわけですからね。 例えば、結婚を急ぐあまり、婚活していく中で出会った相手と、お互いにお互いのことをよく知らないまま、流れでふたりの生活をスタートさせたとします。もちろん最初は、何もかもが新鮮なときめきに満ちているかもしれません。一緒に外食して、一緒に同じ家に帰る、そんな些細な幸せに満ち足りた日々を送ることができるかもしれません。 しかし、不思議なもので、一緒に過ごす時間が増えれば増えるほど、それに比例するかのように、今まで気づかなかった相手の嫌な部分が、少しずつ見えてきてしまい、それまで相手に抱いていた気持ちが、驚くべき早さで一気に冷めていってしまうのです。 その中には、「夜の生活が合わない」とか、「早く子供がほしいのに相手にはその気がまるでない」とか、「結婚したらこうなっていくんだろうな」と漠然と頭の中で描いていた未来図が、少しずつ崩れていってしまう原因になるようなこともあるでしょう。現実的な問題として、結婚というものにあなたが抱いていた甘く淡い期待は、ことごとく裏切られていってしまうかもしれないというわけですね。「こんなことになるくらいなら、最初から結婚なんてしなければ良かった」なんて悲しい結末を迎えてしまうかもしれません。 だからこそ、誰かのせいにしないためにも、婚活を始める第一の理由として、親孝行などの安易なものは避けた方が望ましいでしょう。 結婚は、決して誰かのためにするものではなく、あなた自身が幸せになるためにするものだということを、しっかりと肝に銘じておきましょう。 もちろん、婚活を始ようと思ういくつかの理由の中に、「親孝行したい」という気持ちがあるのは、とても素敵なことだと思います。 婚活を始めようかどうしようか、今も迷っているそこのあなた、幸せを掴むのはあなたの「結婚したい」という揺るぎない気持ちと、決して諦めずに婚活を続けていく根気です。誰かのためではなく、何よりあなた自身がこれから先も幸せな人生を送るために、たったひとりのあなただけのパートナーを見つけるべく、婚活にチャレンジしてみませんか。  

Read More
一人でいるのが不安だから結婚したいけど、一人の時間も大切なのは贅沢?
I am here

一人でいるのが不安だから結婚したいけど、一人の時間も大切なのは贅沢?

多くの人が、大学進学や社会人になるのをきっかけに、実家を出て、初めての一人暮らしを始めた経験を持っていると思います。最初は不安と期待が半分半分で、ホームシックになることもあったでしょうが、慣れてしまえば、とても自由にのびのびと暮らすことができますよね。 何をするのも、誰にも干渉されず、自分のペースで生活を送ることができる、そんな理想的な自由が手に入るのです。 すべての時間が自分のもの、それはとても心地いいものです。 しかし、気をつけないといけないのが、そういった一人暮らしに慣れてしまうと、自分の生活リズムを崩されるのを嫌い、誰かと生活することが苦になってしまうのです。たとえ、それが心から愛する相手だったとしても、すっかり出来上がってしまった生活リズムの中に、知らず知らずのうちに、受け入れにくくなってしまっている、というわけです。 ふと我に返り「この先どうなるんだろう」とか、「ずっと結婚もせずに、ひとりのままなのかな」という、考えが浮かんできてしまいます。「自分の生活リズムは崩したくない、けど、ひとりは不安で寂しい」という、自分勝手な矛盾が生まれてしまうわけです。 はっきり言うと、上記のような結婚に対する考え方は、あまり良いとは言えませんね。自分の生活リズムを崩されたくないという人は、大抵自分の領域に他の誰かが入ることを許せないという人が多いです。 同棲を始めてみても、誰かが同じ家にいることで、気を張ってしまい、少しのリラックスもできません。些細なことがきっかけとなり、喧嘩も増えていき、気づけばいつも険悪なムード。それでも「ひとりは不安だから」と、頑張ろうと向き合う努力もしたのに、なかなかうまくはいかないのです。 しかし、結婚をして、共に暮らしていくということは、生活リズムは決してあなた一人だけのものではなく、相手と二人で作っていくものになるでしょう。そこにはまず、お互いに思いやりが必要になりますね。 結婚生活を送るうえで大切なことは、相手の思っていることを考えて、譲り合う気持ちです。自分の主張ばかりを通そうとせず、相手の話にちゃんと耳を傾け、時には自分から折れて譲るようにしないと、うまくなんていきっこありません。 「ひとりは不安だから」と、まず相手に対して、安心を求めて結婚に踏み出すのであれば、そこにそれ以上の譲れない条件を持つのはやめましょう。どうしても自分のペースを譲れないという事であれば、セフレの作り方などを読んで、体だけの関係で寂しさを紛らわすのも良いかもしれません。 理想ばかりを追い求めていては、到底幸せな結婚を掴みとることはできないと思います。 「ひとりが不安」だから結婚をするのではなく、「二人でいたいから」結婚をする、そんな相手と出会えるよう、まずは自分の考えをリストアップし、前向きに婚活に取り組んでみてはいかがでしょうか。

Read More
「あの人でも結婚できたなら、私にもできるはず」は危険信号?
I am here

「あの人でも結婚できたなら、私にもできるはず」は危険信号?

就職して働きはじめ、忙しい日々に追われると、休日は意味もなくだらだらと過ごしてしまいますよね。 日ごろの仕事で溜まった疲れを癒したいし、また明日からも仕事・仕事・仕事の毎日だと思うと、ちょっと家の近くに外出するのですらも、億劫に感じてしまいます。 そんな決まりきった毎日を繰り返しているうちに、気づけばまた歳を重ねてしまい、そして気づけばまだひとりのままでいませんか。 25歳を過ぎてくると、途端に多くなるのが、学生時代からの友達の結婚報告や、職場の同僚からの結婚報告です。 恐ろしいことに、この手の報告は、大体25歳から30歳の間に、まるで示し合わせたかのように、どどどっと大量に押し寄せてくるのです。 結婚報告とは、一見幸せ自慢のようにも聞こえますが、そこから感じるプレッシャーは、一人身にとってとてつもなく大きなものです。 「私は結婚したけど、○○さんはまだ独身なんだ」なんて、陰で言われてしまうのじゃないかって(無駄に)不安になったりします。 結婚するのもしないのも、自由なはずなのに、いつの間にか年齢というタイムリミットが作られており、そこに間に合わないと、まるで価値なんてないかのように思われてしまうのじゃないかという妄想が始まります。 そんなプレッシャーの中、「自分もきっとこの波に乗って、30歳までには結婚できるはず」なんて、自分に都合の良い考えを抱いていませんか。 出会いはもちろん、結婚や恋愛に保証なんてひとつもありません。「絶対」なんてものは、存在しないのです。 出会う努力や、自分を変える努力もしないのに、ぼんやりと他人と比べて、「結婚はいつかできる」なんて考えているとしたら、それはかなり危ないですよ。 「あの人ですら結婚できたんだから、私だって…」という考え方は、まず止めましょうね。 周りからの結婚報告に、強いプレッシャーを感じる気持ちは良く分かります。しかし、結婚できた人たちというのは、休日を有効利用して、何かしら自分を磨いて、出会いの場に積極的に参加し、幸せを自分で掴み取ったと言っても過言ではありません。 待っていたって、白馬に乗った王子様はやってこないのです。 婚活に前向きに取り組んでみようと思うなら、まずは普段の休日の過ごし方を見直してみましょう。 ダイエットがてらジムに通ってみるとか、美容院やエステに行って自分を磨いてみる、とか、要は外に出ることに意味があるのです。 休日だからといって、家に閉じこもるのではなく、近くでも構わないので、ちょっとでも外出する習慣を身につけましょう。ジムや美容院にも、十分出会いのチャンスは転がっています。それを掴むことができるかどうかは、あなた次第です。ぜひ、一歩外へ出て、新しい素敵な出会いを探してみてください。

Read More
仕事を辞めて寿退社したい、そのためにはどうすればいいの?
I am here

仕事を辞めて寿退社したい、そのためにはどうすればいいの?

社会人になると、一般的に増えていくのが経済力で、減っていくのが自由な時間です。「お金はあるのに、時間がない」という経験をしたことが、誰しも一度はあるのではないでしょうか。 「結婚したい」という気持ちはあるけど、行動に移す時間を取ることが難しかったり、あまりにも仕事が忙しいと、休日返上で働かなければいけない、というケースもまれに出てきてしまいますよね。 就職したからには、一生懸命働いて会社に貢献しようとしたり、少しずつお金を稼いだり、その目的は人それぞれにあると思います。 しかし、会社にも仕事にも慣れて来ると、気づかないところでストレスが溜まってしまうものです。 「もう仕事を辞めて幸せになりたい」と思ったり、次第に結婚願望が強くなっていきます。 ただ、そんな気持ちで、簡単に仕事を辞められるほど、社会人は甘くありません。だからこそ、そんな中でも女性の多くが夢見ているのが、寿退社なのです。会社との関係も円満に、かつ夢見ていた結婚もできるとなると、一石二鳥だと思います。結婚願望の強い女性は、冒険を避けて、できるだけ安定した幸せを求めがちです。 スペックの悪くない相手と出会い、結婚し、仕事を辞めて家庭に入り、子供を授かり、幸せな人生を送るものだ、と思い込んでいます。 果たして、本当にそんな絵に描いたような幸せを、簡単に手に入れることができるのでしょうか。 「会社を円満に辞めたいから、結婚したい」と思うのか、「結婚したいから、仕事を続けるのが難しい」と思うのかでは、結果は同じでも中身が全く違いますよね。 前者は、幸せとは程遠いと思います。仕事を辞めることを理由にして結婚相手を探そうと婚活しても、それは全く中身を伴わない、外見だけのものです。大事なのは気持ちではなく、結婚できるかどうかにかかっているわけですからね。そういう時に出会う相手は、大抵結婚に対して似たような考え方をしており、そもそも「結婚=幸せ」という考え方にはならない人でしょう。 お互いに都合の良い仮面夫婦になってしまう可能性がありますよ。何のために結婚したのか、分からなくなってしまうでしょう。 一方、後者は結婚を前提として、仕事を続けるのが難しいという考え方なので、具体的に将来の幸せが見えてきます。ふたりの生活を始める時に、お互いの仕事が忙しいと、休みを合わせるのも一苦労、まして子供なんて作れないですよね。だからこそ家庭に入り、家族の幸せの基盤を作っていこうとする、その姿勢が結婚においてとても大切になってきます。 寿退社に憧れを抱いているそこのあなた、まずは自分の時間を捧げて尽くすことができるパートナーを探すことから始めてみましょう。

Read More
いずれは結婚したい・・けど、本当にできるの?
I am here

いずれは結婚したい・・けど、本当にできるの?

人生の分岐点は、人それぞれいくつかあると思います。それは受験だったり、親元を離れて初めてのひとり暮らしだったり、初めての彼氏ができたり、アルバイトを始めてみたり、就職して一人前の社会人になったり、結婚したり…。そうです、人が自然に思いつく人生の流れの中に、必ずと言っていいほど、「結婚」という一大イベントが入ってきます。 みんな自然と、ごく当たり前に、頭の中で「いつか結婚するんだろうな」と考えているわけです。 しかし、みんながみんな確実に結婚できるかどうかなんて、そんな保証はどこにもなく、誰にも分からないのです。特に昨今は結婚どころか、そもそも異性との恋愛にすら興味がないという人が増えており、生涯独身者の数も、昔と比べると、とてつもなく多くなってきています。 その理由としては、もちろんさまざまなものがありますが、根本的な問題として、恋愛するのが面倒くさいと考える人が多くなってきているのも事実です。「結婚はいずれしたい、けど現状相手がいない」というあなた、その状況は現代においてとても危ないですよ。 独身者が描く理想の結婚像は、現実問題として厳しいものが多いと思います。確実に結婚がしたいと思うのであれば、まず自分の理想を見つめ直してみましょう。高望みは止めて、現実的に譲れない条件だけに絞っていきましょう。あれもこれもと、多くのことを望みすぎない、ということが大切です。結婚観に対して寛容になりましょう。そして自分の結婚観が固まったら、それを軸に相手探しを始めていきましょう。 まず、大切なのは、自分の中で目標とする期間を定めることです。「○歳までに結婚したい」という明確な目標があると、より婚活に気合も入り、達成するための意欲が出てくると思います。そこから逆算して、どの婚活方法が自分に会うか見極めていきましょう。 一般的な婚活方法としては、結婚相談所のお見合いや、SNSや婚活サイトを通じての出会い、知り合いからの紹介、などが挙げられます。 明確な目標のもと、婚活をするのであれば、やはり一番無難に出会えるのは、結婚相談所のお見合いだと思います。結婚相談所に登録しているということは、恋愛や結婚に対して前向きに考えているという証拠です。結婚について真剣に考えているからこそ、相手も同じように真剣に考えてくれる人がいいですよね。 そして、結婚相談所に登録している人は、仲介者として結婚相談所が間に入るので、安心して会うことができます。目標を明確にし、積極的に婚活に臨んでいく姿勢があれば、あなたもきっと幸せな結婚を手に入れることができるでしょう。 まずは、しっかり結婚観について考えてみてくださいね。

Read More
早く子供が欲しいから結婚がしたい、は間違い?
I am here

早く子供が欲しいから結婚がしたい、は間違い?

恋愛と結婚には大きな差があります。 それは責任です。 恋愛は、誰と付き合おうがもちろん自由ですし、基本的には楽しいことの方が多いと思います。最悪、嫌になったらお別れしてしまえばいいだけですし、フランクに楽しめることを考えると、恋愛はとても幸福なものだと言えますね。 しかし、これが結婚となると、話は変わってきます。結婚ということはすなわち、籍を入れてひとつの家族になることです。もちろんそうなると、そこには責任が生じてきます。他人ではなく、家族になるわけですから。 だからこそ、「子供が欲しいから」という気持ちで、結婚を急ぐのは止めておきましょう。 例えば、付き合っている彼氏との間に、子供ができたとします。すると普通は、責任を取って結婚する、という流れになるでしょう。 夢見ていた結婚ができて、しかもお腹には新しい命が宿っている、ということは、一見とても幸せなことかもしれませんね。そして一緒に生活をし始めたことで、今まで知らなかった彼の新しい一面を見ることができるようになります。どんな彼でも受け入れて愛せるのであれば、この結婚に問題はないでしょう。 しかし、相手のすべてを愛せるなんて人は、まずほとんどいないと思います。価値観が違っていたり、相手との生活に少しでも疑問が生じてしまうと、その生活を続けていくことがどうしても難しくなっていくものです。 相手に対して言えない不満が増えていき、心の中では別れたいとすら思い始めてしまうかもしれません。 しかし、前述したように、恋愛と違って、結婚にはお互いに責任が生じます。嫌になったからといって、簡単にお別れするなんてことはできないわけです。まして子供がいるとなると、簡単には解決できない問題が増えるばかりです。子どものことを考えると離婚はできないけど、この生活を続けていくこともできない、とひとりで悩み苦しむようになってしまうでしょう。 結婚は簡単なようでいて、とても難しいものです。そもそも生まれ育った環境も価値観も全く異なる他人同士が、一緒に新しい家庭を築こうとするわけですから、一筋縄ではいかないことは分かるでしょう。その責任から逃れようとしても、簡単に逃れられるものではありません。だからこそ、「子供が欲しいから」という理由で、結婚を焦るのには注意が必要です。付き合っているふたりが別れるのと、結婚しているふたりが別れるのとでは、重みが全く違ってきます。 幸せな結婚をするためにも、「子供が欲しいから」ではなく、「この人との間に子供が欲しいから」と思える相手を探していきましょう。

Read More